【G1】ヴィクトリアマイル 2023 予想 過去10年のデータで見えた、買いたい馬はコレだ!

ヴィクトリアマイル考察、予想

東京競馬場 1600メートル(芝)で行われる4歳以上オープン戦

古馬による春の最強牝馬決定戦。

歴代の勝ち馬は名だたる名牝が名を連ねるマイル戦。

過去にはGⅠ9勝の圧巻の強さを誇った「アーモンドアイ」や短距離最強ホースと名高かった「グランアレグリア」、また牝馬でありながら「ダービー馬」となった「ウォッカ」など次代を担う牝馬が続々と参戦していた。

こちらも過去10年の結果より好走馬の共通点を探っていきたいと思う。

注目ポイント

人気薄でも馬券に絡む傾向

過去10年の単勝人気別成績を見たところ、7頭もの10番人気以下の馬が馬券に絡んでいた

記憶に新しいのが、2015年の12番人気(2着)、18番人気(3着)が馬券に絡み、3連単2000万馬券というとんでもない配当が飛び出していた。

また、1番人気が勝利した年は3回。
それらを見ても2013年は12番人気(2着)一昨年は10番人気(2着)と穴馬の馬券圏内入線がしばしば。

上位人気同士の決着では済ませないといった結果となっていた。
単純に実績馬というだけで安易に選ぶと痛い目を見そうなので、伏兵馬の取捨選択が肝となるだろう。

近年は前走GⅠ組が活躍

過去10年の3着内馬30頭全てが前走JRA重賞からの臨戦馬であった。

特にグレードが高いほど好走率も高くなっていた。

近年傾向を見たところ、前走GⅠ組の好走が目立っており、2020年の「アーモンドアイ」や翌年2021年の「グランアレグリア」更には2022年「ソダシ」など3連勝中という事も見逃せない。

また、3着内馬の頭数は前走GⅡ組が15頭で最も多い。
内12頭は「阪神牝馬ステークス」からの臨戦馬であった事も覚えておきたい

しかし、「阪神牝馬ステークス」の勝ち馬は1着0頭、2着1頭、3着0頭、4着以下9頭と苦境に立たされているので、好走ローテを勝った馬だからという先入観はなくした方が良いだろう。

東京競馬場実績もチェックポイント

まずは下記のデータをご覧頂きたい。

過去10年の東京芝重賞で3着内入線経験のある馬の戦績

1着9頭、2着6頭、3着6頭、4着以下58頭
勝率11.4% 3着内率26.6%

過去10年の東京芝重賞で3着内入線経験のない馬の戦績

1着1頭、2着4頭、3着4頭、4着以下89頭
勝率1.0% 3着内率9.2%

この様に、過去10年の3着内馬30頭中21頭が、東京芝重賞で3着内入線経験のある馬であった

見ての通りこの経験のない馬は、過去10年で1勝しか出来ておらず、コース適正も十分に予想のファクターとして取り入れたい。

特に勝ち馬候補の本命を決める際には東京競馬場実績を重要視した方が良いかもしれない。

また、直近2年の勝ち馬は、東京1600メートル芝の重賞での勝利を挙げており、これに該当する馬は過去10年で1着5頭、2着3頭、3着1頭、4着以下14頭で3着内率が39.1%となっていた。

こういった要素も予想に組み込むと尚良いだろう。

マイルのGⅠ成績が重要

「ヴィクトリアマイル」は冠名通り、1600メートル芝の競走だ。
よって、マイルの実績が重要になってくる様だ。

と言うのも、前年の1600メートル芝のJRA・GⅠにて5着内入線経験のある馬が9勝しているからだ。

特に、該当レースで勝利した馬は1着4頭、2着1頭、3着1頭、4着以下4頭となっており、まさかの勝率4割と期待値は極大だ。

2014年の「ヴィルシーナ(11番人気)」や、2016年「ストレイトガール(7番人気)」など人気薄からの激走したケースもあった。

これに該当する馬がいれば要警戒とした方が良いだろう。

以上の内容とデータを元に当レースの推奨馬を挙げていきたいと思う

  • PR重賞を含め毎週4レース以上の買い目を完全無料で提供!

    競馬予想サイトネオス

    neos(ネオス)

    • 3月3日

      中山3R

      119万6,220円獲得

推奨馬

◎本命 スターズオンアース

前走「大阪杯」2着からの臨戦馬。

前年の2冠馬。「オークス」勝ち鞍もあり府中も問題なく適正もバッチリ
「桜花賞」を勝利しておりマイル適正もあり隙のない形で当レースに臨んでいる。

前走も負けはしたもののタイム差なしの2着で実力は折り紙付き。
4歳勢で最も期待値の高い馬ではなかろうか。
昨年の覇者も参戦しているが世代交代はあるのだろうか?

ここは本命で。

〇対抗 ソダシ

前走「マイルチャンピオンシップ」3着からの臨戦馬。

前年の当レースの覇者であり、こちらも本命馬同様の「桜花賞馬」。
マイルはお手の物ではあるがパフォーマンスにムラがあり、大敗する時はあっさり負けてしまう。
そういった面を除けば主役間違いなしの一頭ではあるが、不安要素がある為、ここは対抗馬で。

▲単穴 ナミュール

前走「東京新聞杯」2着からの臨戦馬。

ここまでGⅠ5戦でひとつを除き全て掲示板圏内
好走はするものの勝ち切れないなんとも惜しい一頭だ。

そろそろGⅠ勝ち星も欲しい所だろう。
重賞勝ち鞍は「チューリップ賞」ひとつのみと少し物足りない部分はあるが、安定度の高い走りに期待して、ここは単穴評価で。

「ナムラクレア」「イズジョーノキセキ」

前者は前走「高松宮記念」2着からの臨戦馬。

基本的に3歳時からスプリンターとして活躍している馬で、マイルは長いという声はあるものの、3歳時に「桜花賞」で3着入線という実績もある。
番狂わせを起こすのであればこの馬なのかしら起こしてもおかしくない。
ここは△連下評価で。

後者は前走「阪神牝馬ステークス」10着からの臨戦馬。

前年に「府中牝馬ステークス」を制しており、「有馬記念」でも4着と好走している。
この馬が人気を落とすようであれば絶好の穴馬になるかもしれない
東京競馬場では過去に5着、5着、1着と掲示板を外しておらず、ワンチャンスはあると見ても良さそうだ。
ここは☆注意評価で。

以上の内容とデータを元にご自身の予想の参考にしてみてはいかがだろうか。

競馬予想に迷ったら

悪徳競馬予想サイトだけは絶対に登録しないでください。
100以上の競馬予想サイトを検証して、『実際に稼げた優良競馬予想サイト』のみを紹介しています。

本当に稼げた!優良競馬予想サイト

お奨め競馬予想サイトの評価基準

  • 各サイト無料情報30以上、有料情報10以上検証し実際に稼げたサイト
  • 他の口コミサイト約30サイト検証で高評価を得ているサイト
  • 問合せ等のサポート体制がしっかりしていたサイト