【G3 中京記念】本命はファルコニア?ミスニューヨーク?過去データで見えた買いたい推奨馬は?

中京記念ステークス予想考察過去データ

考察、推奨馬は前々日22時に更新

中京記念の概要

出走資格:サラ系3歳以上(未出走馬を除く)
JRA所属馬:地方競馬所属馬/2頭まで、外国調教馬/優先出走
負担重量:ハンデキャップ
賞金
※賞金は変動がある為目安として考えて頂きたい※
1着:3900万円/2着:1600万円/3着:980万円/4着:590万円/5着:390万円

中京記念人気登録馬(7/19)

人気 馬名 性齢 斤量 騎手 予想オッズ
1 ファルコニア 牡5 56 川田 2.5
2 ミスニューヨーク 牝5 54 Mデム 3.9
3 カイザーミノル 牡6 56 横山典 7.1
4 カデナ 牡8 57.5 今村 9.3
5 ダブルシャープ 牡7 56 10.8
6 ヴァリアメンテ 牡4 54 岩田望 12.8
7 カテドラル 牡6 57 藤岡康 16.6
8 シャーレイポピー 牝4 52 福永 19.5
9 コルテジア 牡5 56 松山 28.6
10 ベレヌス 牡5 55 西村淳 40.2
11 モズナガレボシ 牡5 55 荻野極 41.2
12 アーデントリー 牡6 54 坂井 52.1
13 ワールドウインズ セ5 56 田中勝 60.5
14 ベステンダンク 牡10 56 和田竜 88.5
15 アスコルターレ 牡4 54 松若 90.8
16 スーパーフェザー セ7 54 川須 116.1
17 マンオブスピリット セ5 54 団野 122.1
18 レインボーフラッグ 牡9 52 国分優 221.2
  • 人生変える大金が欲しけりゃ、やっぱり『地下競馬』で決まり!

    競馬予想サイトやっぱり地下競馬

    やっぱり地下競馬

    • 7月31日

      新潟11R

      106万8,240円獲得

小倉競馬場 1800メートル(芝)で行われる3歳以上オープンハンデ戦

昨年のサマーマイルシリーズ上位3頭が出走した当レース。

今年も当レースから上位陣が多数輩出されるか否か。
今回は阪神1600メートル(芝)で行われた2020年と、中京・1600メートル(芝)で行われていた2019年以前を含む過去10年のレース傾向から、好走馬の共通点を探っていきたい。

馬体重を重要視したい

過去10年の3着内馬30頭中24頭は前走の馬体重が480キログラム以上であった。

3着内率は25.8%となっており、それに対し480キログラム未満の馬は30頭中6頭のみ入線で、3着内率も9.2%と厳しい状況にある。

更に後者は前走の着順が2着以下で、0.2秒差以上のタイム差で負けている場合は、4.0%と非常に苦しい。よって、馬体重480キログラム未満の馬は勝っているか、勝ち馬と差のない負け惜敗でもなければ選び辛い。

馬齢もチェックしておきたい

過去10年の3着内馬30頭中29頭は馬齢が6歳以下であった。

7歳以上の馬は30頭出走中1頭のみ入線しており、3着内率が3.3%と絶望的な数字だ。

直近6年に絞ると3着内の馬は18頭中17頭が5歳以下となっており、3着内率は29.8%となっている。

それに対して6歳以上の馬は37頭出走中1頭のみの入線で、3着内率が2.7%と上述より厳しい結果が出ている。直近のデータを重要視するのであれば、6歳以上の馬も危険信号と捉えた方が良さそうだ。

脚質にも注目したい

過去10年の3着内馬30頭中24頭は前走最終コーナー通過順位が5番手以下であった。

小倉開催の昨年も、前走最終コーナー12番手のカテドラルが2着、13番手で通過したクラヴェルが3着に入線するなど、傾向的な面で見ると差しの戦法が当レースと好相性となっている。

逃げ・先行勢の扱いには細心の注意を払う必要がありそうだ。

直近5カ月の戦績にも注目
こちらは過去7年の3着内馬21頭中16頭になるが、同年の3月以降のJRAのレースにて2着以内入線の経験がある馬であった。

こちらは3着内率30.8%となっており、これに対して経験のない馬は3着内率8.2%と厳しい数字が出ている。
直近の好走例のある馬を評価する方が無難ではありそうだ。

上記の条件がなくとも好走する馬はいたものの、1頭を除きいずれもキャリア15戦以下の馬であった。
下記をご覧頂ければわかりやすいかと思う。

直近5カ月の連対経験のない馬でキャリア15戦以下の馬の戦績

1着3頭、2着1頭、3着0頭、4着以下9頭
勝率23.1% 3着内率30.8%

直近5カ月の連対経験のない馬でキャリア16戦以上の馬の戦績

1着1頭、2着0頭、3着0頭、4着以下47頭
勝率2.1% 3着内率2.1%

この様な結果が出ているので、直近で好走例のないキャリア16戦以上の馬に過度な期待は禁物だろう。

勝ち馬の臨戦過程にも注視

過去10年の勝ち馬10頭全てが共通して、前走からの間隔が中3週から中10週であった。

更に前走出走の会場が東京または阪神競馬場であった。
今年も前走が東京開催や阪神開催のレースからの臨戦過程を踏んでいる馬には注意したいところだ。

そして、この勝ち馬10頭は馬齢6歳以下だった点も共通していた。
上述の通り若い世代が強い傾向にあるので軸馬選ぶのであれば5歳以下の有力どころから馬券を組みたいところだ。

以上の内容とデータを元に当レースの推奨馬を挙げていきたいと思う

推奨馬

◎本命 ベレヌス

前走「谷川岳ステークス」2着からの臨戦馬。

近走全て逃げの脚質で走っており、そこが懸念点ではあるがその他要素はほぼプラスの好材料のみ。

ここ近走の走りを見ても6着、6着、4着、2着と大きく崩れてはいない

ここでの大駆けがあっても不思議ではない。
ハンデ戦という事で比較的軽めの斤量で走れることも、プラス材料と捉えられるためここは本命としたい。

〇対抗 ヴァリアメンテ

前走「米子ステークス」4着からの臨戦馬。

勝ち馬と同じく「ウインカーネリアン」に敗れてはいるが、こちらは0.6秒差。

しかしながら走破タイムはこちらの方が0.3秒優秀。着差の面でデータ的に宜しくはないとしたものの、勝ち馬との差は然程ないと考えられる。
今回前走1着ないし着差0.1秒以内の馬が2頭しかおらず、ここはこの馬を対抗評価としても問題ないと判断した。

▲単穴 ダブルシャープ

前走「都大路ステークス」2着からの臨戦馬。

着差もクビ差のタイム差0.0と、好走データとも合致している。
唯一の懸念点は7歳馬という事。

この馬齢を除けばこの馬が全ての条件に当てはまっており、最も好走する確率が高いデータが出ている。
馬の実力はオープン勝ちしている事から証明済みだと考えられるため、ここは単穴評価としたい。

「ファルコニア」「カイザーミノル」

前者は前走「読売マイラーズカップ」3着からの臨戦馬。

実績は上位。データ合致は然程多くはないものの、前走GⅡでの3着は評価出来るのではなかろうか。
本命、対抗馬以外で見ても2番手評価のデータ合致率である為、こちらもメンバー内では一定の信頼をおいては良いのではなかろうか。
ここは△連下評価で。

後者は「米子ステークス」2着からの臨戦馬。

こちらは前走で上記の対抗馬に0.4秒差の2着と勝っている。

しかし、その他のデータ面では厳しい評価をせざるを得ない為、今回は評価を落としたが、GⅡ、GⅢで複数回馬券に絡むという実績も残しており、メンバー内では直近の成績だけを見ると、実績上位と見ても良さそうだ。
よって、ここは☆注意評価で。
以上の内容とデータを元にご自身の予想の参考にしてみてはいかがだろうか。

G3中京記念過去データ

競馬予想に迷ったら

悪徳競馬予想サイトだけは絶対に登録しないでください。
100以上の競馬予想サイトを検証して、『実際に稼げた優良競馬予想サイト』のみを紹介しています。

本当に稼げた!優良競馬予想サイト

お奨め競馬予想サイトの評価基準

  • 各サイト無料情報30以上、有料情報10以上検証し実際に稼げたサイト
  • 他の口コミサイト約30サイト検証で高評価を得ているサイト
  • 問合せ等のサポート体制がしっかりしていたサイト