【G3】カペラステークス 2023 予想 過去10年のデータで見えた、買いたい馬はコレだ!

カペラステークス予想&過去データ

中山競馬場1200メートル(ダート)で行われる3歳以上オープン戦

どんなレース?

2023年12月10日 (日) 15:20
中山競馬場 ダ1200m

当レースは、JRA唯一の短距離1200メートルで行われるダートの重賞で、スタートから100メートルほど芝の上を走るため、より長く芝を走れる外枠の馬が有利な傾向にあるコースである。

2014年の勝ち馬「ダノンレジェンド」と2021年の勝ち馬の「ダンシングプリンス」は、その後「JBCスプリント」でも勝利を収めている。

今年も新たな飛躍を果たす馬が期待される一戦となっている。
それらを踏まえ、過去10年の結果より好走馬の傾向を探ってみた。

出馬表

馬名 性齢 斤量 騎手 厩舎 想定オッズ 想定人気
1 1 ピンシャン 牡6 57 石橋脩 栗東森秀 60.8 15
1 2 メタマックス 牡3 56 菅原明 栗東森秀 6.6 3
2 3 テイエムトッキュウ 牡5 57 津村 栗東木原 7.5 4
2 4 デュアリスト 牡5 57 三浦 栗東安田隆 13 7
3 5 ラプタス セ7 58 栗東松永昌 56.9 14
3 6 アイスリアン 牝5 55 亀田 栗東高柳大 19.6 11
4 7 スズカコテキタイ 牡4 57 岩田康 美浦奥村武 10.6 5
4 8 オーロラテソーロ 牡6 57 佐々木 美浦畠山 17 10
5 9 オールアットワンス 牝5 56 石川 美浦中舘 34.7 13
5 10 タガノクリステル 牝4 55 戸崎圭 栗東長谷川 5.1 1
6 11 アティード 牡5 57 田辺 美浦加藤士 32.3 12
6 12 ベルダーイメル 牡6 57 吉田豊 栗東本田 15.5 9
7 13 チェイスザドリーム 牝4 55 藤岡佑 栗東矢作 12.9 6
7 14 オメガレインボー 牡7 57 横山和 栗東安田翔 13.2 8
8 15 カイザーメランジェ 牡8 57 江田照 美浦中野 92.9 16
8 16 リュウノユキナ 牡8 58 柴田善 美浦岩戸 6 2

注目ポイント

過去10年の人気別成績

まずは下記のデータをご覧頂きたい。

過去10年の1番人気の戦績

1着1頭、2着2頭、3着1頭、4着以下6頭
勝率10.0% 3着内率40.0%

過去10年の2番人気の戦績

1着2頭、2着2頭、3着4頭、4着以下2頭
勝率20.0% 3着内率80.0%

過去10年の3番人気の戦績

1着3頭、2着1頭、3着0頭、4着以下6頭
勝率30.0% 3着内率40.0%

過去10年の4番人気の戦績

1着2頭、2着1頭、3着0頭、4着以下7頭
勝率20.0% 3着内率30.0%

過去10年の5番人気の戦績

1着0頭、2着0頭、3着0頭、4着以下10頭
勝率0% 3着内率0%

過去10年の6番人気から9番人気の戦績

1着1頭、2着3頭、3着5頭、4着以下31頭
勝率2.5% 3着内率22.5%

過去10年の10番人気以下の戦績

1着1頭、2着1頭、3着0頭、4着以下67頭
勝率1.4% 3着内率2.9%

過去10年のデータでは、上位人気の馬の信頼度が高いことがわかる。

特に注目すべきは2番人気の馬の3着内率が80.0%と非常に高い数字となっており、1番人気の馬よりも好走率が高い点だ。

一方で、10番人気以下の馬の3着内率は2.9%と非常に低く、馬券の組み立ては、上位人気の馬から中穴人気の馬までで構築することがベターだろう。

馬齢別成績

馬齢を重ねるにあたり、戦績は落ちている傾向にある。そのことを踏まえて下記のデータをご覧頂きたい。

過去10年の3歳馬の戦績

1着3頭、2着0頭、3着0頭、4着以下9頭
勝率25.0% 3着内率25.0%

過去10年の4歳馬の戦績

1着4頭、2着2頭、3着1頭、4着以下23頭
勝率13.3% 3着内率23.3%

過去10年の5歳馬の戦績

1着2頭、2着3頭、3着4頭、4着以下35頭
勝率4.5% 3着内率20.5%

過去10年の6歳馬の戦績

1着1頭、2着3頭、3着2頭、4着以下28頭
勝率2.9% 3着内率17.6%

過去10年の7歳馬以上の戦績

1着0頭、2着2頭、3着3頭、4着以下34頭
勝率0% 3着内率12.8%

この様に、過去10年の3歳馬から7歳馬以上の馬の3着内率は、馬齢が高くなるにつれ減少傾向があるものの6歳馬までは大きな差はない。

3歳馬と4歳馬の勝率が頭ひとつ抜けているが、3歳馬の扱いが難しい。3歳馬の3着内率=勝率となっており、“勝つか馬券外に飛ぶか”の極端な傾向がある為、取捨選択が難しい側面もあり、馬券構築時には注意してその他データ面での適性を見ていきたいところだ。

枠番別の傾向

過去10年、当レースでは1枠に入った馬が4勝しており、勝率は20.0%、3着内率は35.0%と好走率で1番高い数値を叩き出している。

注視したいのは2014年に1枠に入り勝利した、12番人気の「ダノンレジェンド」も同枠だった点だろう。

中山ダート1200メートルは芝スタートのため外枠が有利とされているが、意外にも当レースでは最内1枠が最も勝率が高い。

次いで、6枠の3着内率が30.0%、7枠の3着内率25.0%となっており、6枠と7枠の馬が相手候補として有力だろう。

前走別成績

過去10年の前走別成績では、地方競馬からの臨戦馬が好走

中でも「JBCスプリント組」は勝率13.3%、3着内率53.3%と非常に信頼度が高い。

また、「テレ玉杯オーバルスプリント組」は出走頭数こそ少ないが勝率33.3%、3着内率66.6%となっており、こちらも高い好走率を誇っている。

前走前述の2レース以外の地方競馬からの臨戦馬は全16頭中出走していたが、1度も馬券に絡んでいない為、該当馬に過度な期待は禁物だろう。

以上の内容とデータを元に当レースの推奨馬を挙げていきたいと思う。

  • PR多くの競馬ファンから選ばれ続ける的中実績は一見の価値アリ!

    BAXIS(バクシス)

    BAXIS(バクシス)

    • 1月21日

      京都10R

      34万6,950円獲得

推奨馬

◎本命 リュウノユキナ

前走「JBCスプリント」3着からの臨戦馬。

想定2番人気。好走データに多く合致している。
8歳にして衰えを感じさせない面も好材料。
ここは本命で。

〇対抗 タガノクリステル

前走「藤森ステークス」7着からの臨戦馬。

想定3番人気、前走は内枠で窮屈な競馬を強いられ7着と敗れたが、今年に入り7回出走して3着内を外したのは2回と安定した走りを見せる。
4歳馬で、充実期に入ったと見て対抗評価としたい。

▲単穴 メタマックス

前走「銀嶺ステークス」1着からの臨戦馬。

好走データの3歳馬で、もうすぐ4歳になるこの時期に古馬より1キロ斤量が軽いのは魅力。
現在2連勝中と勢いもあり、単穴評価としたい。

「アイスリアン」「ラプタス」

前者は、前走「室町ステークス」1着からの臨戦馬。

現在2連勝中と勢いのある馬。前走は中団からの差し競馬がハマり、ラストの叩きあいを制した末脚は見事なものだった。
ここは格上挑戦になるのでどこまで健闘できるか。
といった所だろう。
ここは△連下評価までとしたい。

後者は、前走「JBCスプリント」5着からの臨戦馬。

前走は、強い相手に5着と好走しており、7歳馬だが衰えはあまり感じられない内容であった。
ここはスタートを決めて得意の先行競馬ができれば馬券内もあるとみて☆注意評価としたい。

以上の内容とデータを元にご自身の予想の参考にしてみてはいかがだろうか。

カペラステークス2023予想

予想印はレース当日朝10時までに当ブログで公開します。
※AI予想ですので、本記事の印とは異なります。
是非馬券購入の参考にしてください。