【小倉記念2019予想/出走予定馬分析】本命は破竹の4連勝中のアノ馬で決まり!穴馬で狙うなら捲って良さの出るアノ馬!

今週の日曜小倉11Rはサマー2000第3戦となる小倉記念が行われます。
灼熱の小倉は馬にも酷でしょうが、中距離戦線の新星として秋へと飛躍を遂げる馬が出てくるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • メールドグラース

今年に入って4連勝でG3新潟大賞典と鳴尾記念を制した本馬ですが、小倉芝2000mでも2戦2勝と結果を出しており暑さを苦にするタイプでもなさそうです。

前走よりも重い斤量を背負うことになるでしょうが、ここ3戦のパフォーマンスを見る限りG3では抜けた存在に思え、鉄板級の本命馬と言っても良いでしょう。

  • アイスバブル

連勝でオープン入りした勢いで臨んだ目黒記念でも2着と重賞級の力を示した本馬ですが、本質的には2000m超の条件がベストだと思われここはやや短いでしょう。

他馬も後ろから行きたい馬が多く、ペースがそこまで上がらないとすると差し届かずに2着以下に敗れることが想像されます。

  • アイスストーム

連勝でオープン入りした本馬ですが、これがオープン入り後の初戦となります。
前走も鋭い末脚で差し切っていますし、展開がはまればメールドグラースに最も迫れる馬になっても不思議ではありません。

  • タニノフランケル

血統背景から人気先行となってしまう本馬ですが、小倉では勝ち鞍もあり重賞2着の実績もあり信頼度が高まる舞台だと思われます。

ただそれでも現状重賞で勝ち負けするにはやや力が足りないと思われ、ここでも見送りが妥当でしょう。

  • ノーブルマーズ

昨年の宝塚記念3着馬ですが、それ以降は馬券に絡む結果を残せていません。
それでも年走った4戦では大崩れしていませんし、勝つまでは難しいとしても馬券圏内であれば十分入る力はあると思われます。

《注目の穴馬》

  • アウトライアーズ

3歳時にはスプリングステークスでウインブライトの2着に入る実績を持っている本馬ですが、それ以降はオープン以上のクラスでは馬券圏内に入ることは出来ていません。

それでも3勝クラスを小倉芝1800mで勝った時のように後ろから捲っていく形なら大崩れはしませんし、前走七夕賞でも5着と健闘しており軽視出来ない存在です。

《予想》

◎ メールドグラース
○ アイスストーム
▲ ノーブルマーズ
☆ アイスバブル
△ アウトライアーズ

《買い目》

三連単フォーメーション 計12点
1着 ◎ 計1頭
2着 ○、▲、☆、△ 計4頭
3着 ○、▲、☆、△ 計4頭

【PR】当サイト推奨、競馬予想神サイト

弊社情報を利用し、指定期間内に万が一利益未獲得となった場合、『全額保証対応』させて頂きます。

1 個のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。