【徹底攻略】札幌競馬場過去データ・傾向・特徴

競馬予想に使える競馬場攻略札幌競馬場

基本情報

所属
中央
所在地
〒060-0016 北海道札幌市中央区北16条西16-1-1
コース

芝コース

高低差 発走距離
0.7m 1,000m、1,200m、1,500m
1,800m、2,000m、2,600m
コース 一周距離 幅員 直線距離
A 1,640.9m 25〜27m 266.1m
B 1,650.4m 23.5〜25.5m 267.6m
C 1,659.8m 22〜24m 269.1m

ダートコース

一周距離 幅員 直線距離 高低差 発走距離
1,487m 20m 264.3m 0.9m 1,000m、1,700m、2,400m
  • PR重賞を含め毎週4レース以上の買い目を完全無料で提供!

    競馬予想サイトネオス

    neos(ネオス)

    • 1月20日

      京都11R

      89万9,040円獲得

 

札幌競馬場MAP

札幌競馬場コース形状

札幌競馬場のコース

直線が短く266mしかない平坦なコースである。
右回りで高低差がほぼない事が特徴だ。

中央のメイン会場のオフシーズン開催となり、比較的少ない頭数のレースが多い。
フルゲートの頭数も16頭と少なく、ゴチャついたレースになりづらい。

コース形状が示す通り、直線が短く平坦な為追い込み勢が苦しい傾向にあり、全会場を見てもトップクラスで「逃げ馬」の勝率または複勝率が高くなっている所も特徴のひとつだろう。

また、枠の有利不利もそこまで影響なく、頭数が少ないが故の混雑した馬群になりづらい事から、一番人気の信頼度が非常に高い傾向にある。
勝率も非常に高く信頼を寄せるに値すると言える。

特に新馬戦や未勝利戦における一番人気の勝率は目を見張るものがあり、ここでは軸に据えたいところだ。

逆に1000万以下クラスになると、実力伯仲の混戦の様相を見せ、一筋縄ではいかなくなるのでお昼以降のレースは一番人気でもアテに出来ないと考えられる。

芝コース

北海道の競馬場はその他会場と違い保水性の高い「洋芝」を採用している。

その為か、その他会場よりも馬場が重くなり時計が遅くなりやすい傾向にある。
よって、直線距離の短さも相まって、切れ味よりもパワーやスタミナに注目した方が良いかもしれない。
また、後述するが、芝も他会場の「野芝」と比べて傷みやすいという特徴もあるので、馬場状態に気を付けたいところだ。

ダートコース

札幌競馬場のダートコースは、「1000m・1700m・2400m」のみっつのみ。1000mに関しては「逃げ馬」の勝率が3割程度と高くなっているが、距離が長くなるにつれその勝率は下降していく。

最長の2400mに至ってはほぼ勝ち馬がいないといった結果が出ている。

また、枠順の有利不利に関しては、やや外枠が有利か。と、いった様な結果が出ており、大外よりもやや内側の外枠。6番枠辺りが良さそうだ。

単勝1番人気の勝率が決定的に違う。その他会場と比べ1番人気の勝率は、1割ほど高くなっている。

冒頭でも述べたように、ゴチャつきづらいといった事も少なからず影響しているのではないかと考えられる。

札幌競馬場のレース傾向

開幕週

年に一度しか開催されない為、非常に難しい傾向にありなかなか読みづらい部分はあるが、こちらも開幕週は芝の状態が良い為、「逃げ・先行馬」の勝率が高い傾向にある。

冒頭に挙げた通り、年に一度の開催という事で騎手もこの競馬場を知ってはいるものの、その他会場と比べると熟知している訳でもなく、序盤はいったいったの競馬になりやすいのではなかろうか。

しかし、後半になるに連れ、その年の馬場状態の傾向も掴めてくるのか、「逃げ馬」の勝率が下がり始める。

序盤と打って変わって騎手の感覚やその他情報共有のもと、作戦を変えてくる事や相手関係で、前に行かない方が得策な場合も読め始めてくる事で、率先して前にいく事を控え始める馬も出てくるのだろう。

枠順も開幕前半は内枠がよく勝つ傾向にあるが、後半になるにつれ勝率が下がっていく事から、上記のような何かがあるのかと考えてしまう。

基本的には開幕前半は、内枠の「逃げ・先行馬」から、後半は枠にとらわれず、単純に実績のある馬や相手関係を見て持ちタイムの良い馬などから攻める方が勝率は上がりそうだ。

以上の事から考えられるのは、比較的早い段階で馬場の状態は悪化していく事が想定される。
その為、上記の様な前半、後半の馬券の組み立て方を変えていく必要が出てきそうだ。

■札幌競馬の予想に当たって■
年に一度しか開催されない為、他会場のように、「春競馬・秋競馬」等のような比較分析は出来ない。

よって、過去の実績データをそのまま持って来れるところが強みにもなる。

血統による好走傾向

札幌競馬場(芝)

基本的にディープインパクト産駒が距離を問わず席巻しているが、距離によって台頭する種牡馬の様相が大きく変わる。

~ディープインパクト以外の好走産駒~

【1200m~1500m】
ロードカナロア産駒・ダイワメジャー産駒
【1800m~2000m】
ハービンジャー産駒
【2600m】
ハーツクライ産駒

札幌競馬場(ダート)

サウスヴィグラス産駒・ハーツクライ産駒・ヘニーヒューズ産駒が結果を出している上位層となる。

細かいデータを取ると十数年遡る事となり近年の参考にならない可能性がある為、直近の活躍産駒を挙げておくに留めさせて頂く。

買いの騎手

本命

「横山武史騎手」「C.ルメール騎手」「横山和生騎手」

相手

「秋山稔樹騎手」「池添謙一騎手」

穴狙い

「吉田隼人騎手」「丹内祐次騎手」

ひとつの目安としてこの辺りが入線してきやすい傾向にある事も覚えておくと良いかもしれない。

 

競馬予想に迷ったら

悪徳競馬予想サイトだけは絶対に登録しないでください。
100以上の競馬予想サイトを検証して、『実際に稼げた優良競馬予想サイト』のみを紹介しています。

本当に稼げた!優良競馬予想サイト

お奨め競馬予想サイトの評価基準

  • 各サイト無料情報30以上、有料情報10以上検証し実際に稼げたサイト
  • 他の口コミサイト約30サイト検証で高評価を得ているサイト
  • 問合せ等のサポート体制がしっかりしていたサイト