【府中牝馬ステークス2019予想/出走予定馬分析】本命は一昨年のこのレースの覇者であるアノ馬!穴馬なら距離適性を持つアノ馬!

今週の月曜東京11RはG2府中牝馬ステークスが行われます。

リスグラシュー、クイーンズリングなどここをステップにエリザベス女王杯を制した馬は多くいますし、エリザベス女王杯を占う意味でも重要な一戦になるでしょう。

グロリアバナー
【人気NO.1】安定の的中率×圧倒的な配当

《出走予定馬分析》

  • プリモシーン

重賞勝ちこそフェアリーステークスと関屋記念のG3止まりですが、今年はヴィクトリアマイルで2着に入るなどG1でも通用するところを見せています。
マイルが主戦場とは言え末脚堅実なタイプで1ハロンの延長は問題ないと思われ、この相手関係であれば勝ち負け必至と言えるでしょう。

  • ラッキーライラック

2年前の2歳女王ですが、ここ2戦は牝馬限定戦で共に1番人気を背負いながら8着4着とやや物足りない結果が続いています。
勝ち鞍こそマイルのみですが中山記念で牡馬相手に2着に入ったように芝1800mでも力は十分発揮出来ますし、そろそろチューリップ賞以来の勝利をあげてもいい頃でしょう。

  • クロコスミア

6歳牝馬になりましたが、今年のヴィクトリアマイルでも3着に入るなどまだまだ力の衰えは見せていません。
2年前のこのレースを制しているように舞台適性は抜群ですし、当然軽視出来ない存在です。

  • カンタービレ

昨年のローズステークスを制し秋華賞でも3着に入った実績馬ですが、ヴィクトリアマイルでは最下位になるなど今年は結果が出ていません。
実績なら上位でしょうが、あのレース後の休み明け初戦で勝ち負けに持ってくるのは困難でしょう。

  • スカーレットカラー

14戦2勝の戦績ですが、昨年のフェアリーステークスと今年のクイーンステークスで2着に入るなど重賞でも勝負出来る力を持つ一頭です。
勝ち味に遅く、今回は先行馬が強いだけに勝ち負けまでは厳しいかもしれませんが、ヒモには入れても良いでしょう。

《注目の穴馬》

  • ディメンシオン

前走は京成杯オータムハンデで牡馬を相手に2着に入る健闘を見せ、重賞でも通用する力を見せることが出来ました。
直近の2勝は共に1800m戦と距離不安はありませんし、展開がはまれば上位争いをしても不思議ではありません。

[PR]3回に1回3連単が的中する驚異のデータ!

《予想》

◎ クロコスミア

○ タッキーライラック

▲ プリモシーン

☆ ディメンシオン

△ スカーレットカラー

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭 

2 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。