【東京ハイジャンプ2019予想/出走予定馬分析】本命は平地重賞経験のあるアノ馬!穴馬で狙うなら近5走で4度の馬券圏内実績のあるアノ馬!

今週の土曜東京8Rは障害重賞の東京ハイジャンプが行われます。

登録頭数は9頭と少ないものの、暮れの大舞台に向けて魅力的な馬も登録しており楽しみな一戦となりそうです。

グロリアバナー
【人気NO.1】安定の的中率×圧倒的な配当

《出走予定馬分析》

  • トラスト

2歳時には札幌2歳ステークスを制し、昨年秋に障害入りしてからは無傷の3連勝と平地でも障害でも活躍出来るところを見せています。
屈腱炎から中7か月での一戦となるものの、同舞台は秋陽ジャンプステークスで経験済みですし、暮れの大舞台に向けて良い弾みとしたいところでしょう。

  • メイショウダッサイ

ここにきてオープンを連勝し、前走は小倉サマージャンプで重賞初制覇を飾りました。
東京コースは初ですが、主戦の森一馬騎手が継続して乗れるのは強みと言え、ここでも安定した力を発揮してくれるでしょう。

  • シングンマイケル

障害入り後12戦して一度も掲示板を外していない安定した力を持つ本馬ですが、前走の東京ジャンプステークスでは石神騎手を背に初重賞制覇を飾りました。
今回は主戦の金子騎手に手が戻るようですが、前走でコース適性は見せていますしここでも勝ち負けを演じることは可能でしょう。

  • ハルキストン

平地で3歳3月に未勝利を勝つも3か月後には既に障害デビューを果たし、4歳10月にして既に障害キャリアは14戦を誇ります。
今年に入ってからもオープンを2勝しておりまだまだ底は見せていないでしょうが、上位3頭と比べるとやや力は落ち、また前走落馬中止である点も気になることから今回は見送りで良いでしょう。

[PR]安心して利用できる保証精度のある競馬予想サイト

《注目の穴馬》

  • クリュティエ

昨年は障害オープンに壁のあった本馬ですが、今年に入ってからはオープン初勝利を含め5走で4度馬券圏内に入る活躍を見せています。
まだ5歳馬で伸びしろもあると思われ、上位3頭に割って入るならこの馬になるでしょう。

《予想》

◎ トラスト

○ メイショウダッサイ

▲ シングンマイケル

△ クリュティエ

《買い目》

三連単フォーメーション 計12点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲ 計3頭

3着 ◎、○、▲、△ 計4頭 

9 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。