【芙蓉ステークス2019予想/出走予定馬分析】本命は条件変わりで一変期待のアノ馬!穴で狙うなら同舞台で勝ち上がったアノ馬!

今週の日曜中山9Rは2歳のオープン競走である芙蓉ステークスが行われます。

現行の施行条件になってから4年たち、これまでは活躍馬は輩出していないとは言えG1含む重賞が多く開催される条件ですので思わぬコース巧者が現れるかもしれません。

《出走予定馬分析》

  • アルファウェーブ

札幌の未勝利で勝ち上がった本馬ですが、過去2戦いずれも上がり3ハロン最速の脚を繰り出しています。
ただ全体時計はいまいちですし、アイルランド産馬であることから洋芝向きに過ぎないとも考えられ、力を過信するのは危険でしょう。

  • オーソリティ

新馬戦では後の札幌2歳ステークス勝ち馬ブラックホールを退けており、自ずとこの馬にかける世の期待は高まってきているでしょう。
ただ出遅れながらも後ろから追い込んでクビ差まで詰めたブラックホールの方が力はあるように映りますし、そこからパフォーマンスを上げて重賞勝ちに結びつけたプロセスを加味するとオーソリティはそこまで力はないようにも思います。

  • ウインカーネリアン

2戦目で勝ち上がりを決めて臨んだ前走の新潟2歳ステークスでは出遅れが響いて7着に敗れた本馬ですが、新潟の芝マイルという条件が向かなかったことも敗因と言えるでしょう。勝ち上がりは福島コースでしたし、右回りで距離延長ならこの馬の自在性が発揮できると見て、この馬の勝ちを期待します。

  • トランシルヴァニア

新馬戦ではやや時計のかかる馬場を中団から直線抜け出してクビ差凌いだ本馬ですが、中2ヶ月で2戦目を迎えることになりました。
新馬戦のパフォーマンスからはそこまで強調材料はないですが、過剰人気になりそうなオーソリティあたりと同等の力はあると見ていて、馬券妙味からこちらを推したいです。

《注目の穴馬》

  • ルトロヴァイユ

新馬戦こそ3着に敗れるも、2戦目となった前走は同舞台で一番人気に応えて2馬身半差をつける快勝で未勝利を突破しました。
この時期にはまだタフな条件ですし勝ち時計は平凡でしたが、重賞馬ショウナンラグーンやオープン馬ヴァントシルムを仔に持つメジロシャレードの仔ですのでポテンシャルは十分でしょう。

《予想》

◎ ウインカーネリアン

○ アルファウェーブ

▲ トランシルヴァニア

△ ルトロヴァイユ

《買い目》

馬単1着固定3頭流し 計3点

1着 ◎ 計1頭

2着 ○、▲、△ 計3頭

2,408 件のコメント

  • When someone writes an piece of writing he/she retains
    the idea of a user in his/her mind that how a user
    can understand it. So that’s why this paragraph is perfect.
    Thanks!

    P.S. If you have a minute, would love your feedback on my new website
    re-design. You can find it by searching for «royal cbd» — no sweat if
    you can’t.

    Keep up the good work!