【CBC賞2019予想/出走予定馬分析】G1勝ち馬参戦も本命はアノ上がり馬!ヒモ荒れを狙うならアノG1好走馬!

今週の日曜中京11RはCBC賞が行われます。

同舞台のG1高松宮記念で好走経験のある馬も多く出走を予定していますが、勝ってサマースプリントシリーズを賑わす馬はどの馬になるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • レッドアンシェル

3歳時にはアーリントンカップ2着の実績もありマイルを中心に使われてきた本馬ですが、初の芝1200m戦となった前走はこれまでの惜敗が嘘だったかのような見事なパフォーマンスを見せました。

中京コースは初となりますが東京での重賞好走歴があることから左回りは問題にしないと思われ、ハンデもそこまで課されないことを考えれば中心視して良いでしょう。

  • アウィルアウェイ

3歳世代の短距離戦線で活躍してきた牝馬ですが、ここで古馬重賞に挑むこととなりました。

能力はここでも引けを取らないと思われますが、ハンデが50㎏前後となった場合に乗れる騎手の騎乗技術を考えると頭までは難しいかもしれません。

  • セイウンコウセイ

2年前の高松宮記念勝ち馬で、今年も2着に入ったように中京芝1200mは力を出せる舞台でしょう。

ただなかなか成績が安定しない馬ですし、斤量が重くなるだろう今回は少し評価を落としても良いかもしれません。

  • アレスバローズ

昨年のこのレースの勝ち馬で、続く北九州記念も勝ってサマースプリントシリーズのタイトルを獲得した本馬ですが、その後は成績が振るいません。

斤量も多く背負うことになるでしょうし、今回は見送ってよいと思われます。

  • ショウナンアンセム

今年の高松宮記念3着以来のレースとなる本馬ですが、ブービー人気からの激走だっただけに評価が難しいところです。

ただし長くマイル前後を使ってきていて、芝1200mに短縮しての2戦はG3で5着とG1で3着と結果を残していますし、決してフロック視出来ないと思われます。

昨年のこの時期は渋った馬場で連勝していましたし、馬場が向けば頭まで有り得るでしょう。

《注目の穴馬》

  • ラインスピリット

なかなか人気しない馬ではありますが、昨年のスプリンターズステークスで13番人気ながら3着に入るなど多くのレースで人気を上回る着順に入っています。

近走も結果を残せていませんが、前から競馬出来る脚質は開幕週の中京コースで活きると思われ、3着なら十分可能性があると思われます。

《予想》

◎ レッドアンシェル

○ ショウナンアンセム

▲ セイウンコウセイ

☆ アウィルアウェイ

△ ラインスピリット

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭 

7 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。