【豊明ステークス2019予想/出走予定馬分析】前走この舞台で結果を出したアノ馬の連勝なるか?馬場悪化で浮上するのはアノ馬!

今週の土曜中京11Rは3勝クラスの特別戦である豊明ステークスが行われます。

天気予報では雨も予想される中、渋った馬場を突き抜ける馬はどの馬となるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • ミッキーブリランテ

シンザン記念3着などの実績を持つ本馬ですが、古馬との初対戦となった先週の前走では、今回と同じ中京芝1400mで中団から差す競馬で1番人気に応えました。

連闘にはなりますが、矢作厩舎の管理馬には連闘で安田記念を制覇したモズアスコットもいますし、出走出来る態勢が整えばこのクラスでも勝ち負け出来るでしょう。

  • アダムバローズ

かつては菊花賞にも出走した本馬ですが、距離を短縮して芝1400mを使うようになってからのここ3戦は4着3着2着と結果を残しています。

稍重馬場で若駒ステークスを勝った経験もありますし、少々馬場が渋っても一定のパフォーマンスは発揮出来るでしょう。

  • トロワゼトワル

昇級初戦となった前走で2着となり早速クラスの目途をつけた本馬ですが、昇級を決めたレースではこのコースを稍重馬場で制しています。

デビュー以来12戦して一度も掲示板を外していませんし、勝つまではどうかも馬券圏内には十分来る力はあると思われます。

  • ダノンディーヴァ

1勝クラスの壁に苦しんでいた本馬ですが、本格化したのかここ2戦を連勝してこのレースに臨むことになりました。

連勝中の馬は買いと言いたいところですが、ディープインパクト産駒の5歳牝馬にそこまでの成長力はないと思われ、また良馬場以外での実績がないためここは軽視して良いでしょう。

  • ジョイフル

このクラスで3着に入ったレースが京都の芝1400mであったように、戦績からは芝の1400mはベストだと言えます。

上位陣と比べるとやや力は劣る印象ですが、ヒモに入れても良い一頭でしょう。

《注目の穴馬》

  • キアロスクーロ

このクラスでは最高3着で掲示板前後の着順が多くやや能力が足りない印象ですが、過去重馬場で2勝した実績があります。

当日の天候と馬場状態次第では、狙える一頭だと言えるでしょう。

《予想》

◎ ミッキーブリランテ

○ アダムバローズ

▲ キアロスクーロ

☆ トロワゼトワル

△ ジョイフル

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭 3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭 

1 個のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。