【薩摩ステークス2019予想/出走予定馬分析】本命はこの舞台で負けなしのアノ馬!穴馬で狙うなら差し脚魅力のアノ馬!

今週の土曜小倉11Rは3勝クラスの特別戦である薩摩ステークスが行われます。

昨年の勝ち馬ウェスタールンドは同年のダートG1チャンピオンズカップで2着に健闘する走りを見せており、ダート中距離戦線を占う意味でも注目の一戦になるでしょう。

《出走予定馬分析》

  • グアン

現級2着の実績はこの中では上位ですが、ここ2戦は先行して垂れるレースが続いています。

前に行きたい馬が多い今回、ポジション取りで消耗するようなら最後苦しくなって馬券圏外となることも十分考えられるでしょう。

  • エオリア

昇級後は4戦して2着5着3着3着と堅実に走っている本馬ですが、特に中団から後ろにポジションを取ったときは良い差し脚を見せて好走するケースが多いです。

このクラスには目途を立てていますし、好走パターンにはまれば馬券圏を外すことは考えにくいでしょう。

  • フィールドセンス

エオリア同様ストリートセンス産駒の本馬ですが、こちらも昇級後は3着4着4着と崩れずに走ることが出来ています。

メイショウワザシやグアンとの兼ね合いで先手を取れるかにもよりますが、十分勝機ある馬の一頭だと言えるでしょう。

  • メイショウワザシ

現級2着の実績を持つ本馬ですが、この舞台では1勝クラスと2勝クラスを続けて勝ったようにベストの舞台だと言えるでしょう。

ハナを切れないと脆い一方で、ハナを切れれば連勝して現級でも2着に入れる強さを持っていますので、上手く立ち回れるなら勝ち負けも望める一頭でしょう。

  • クリノフウジン

これが昇級初戦となる本馬ですが、半兄にはダート重賞馬のクリノスターオーがいるようにダートで活躍する素質はあると思われます。

現時点ではやや上位陣と比べると力は見劣りする印象ですが、前走勝った勢いで3着争いまでなら絡んできても不思議ではありません。

《注目の穴馬》

  • テーオーフォース

現級に昇級してからは5着7着と善戦止まりの本馬ですが、この舞台で未勝利を勝っておりコース替わりはマイナスには働かないでしょう。

13戦中5戦で上がり3ハロン最速の脚を繰り出しており、今回は上位人気が予想される馬に先行馬が多いことからもペースが上がればこの馬の台頭も有り得るでしょう。

《予想》

◎ メイショウワザシ

○ エオリア

▲ フィールドセンス

☆ テーオーフォース

△ クリノフウジン

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭 3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭

2 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。