【紫苑ステークス2019予想/出走予定馬分析】本命は春のクラシックを賑わせたアノ馬!穴で狙うなら芝替わりのアノ馬!

今週の土曜中山11Rは秋華賞トライアルの紫苑ステークスが行われます。

重賞になってからのここ3年では秋華賞・海外G1馬のディアドラ、ヴィクトリアマイル覇者のノームコアを勝ち馬から輩出しており、牝馬戦線の主役候補となる馬はどの馬になるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • カレンブーケドール

前走のオークスでは12番人気ながら2着に激走した本馬ですが、前々走のスイートピーステークスで勝ち、その前のクイーンステークスでも4着と同世代の牝馬の中では十分上位と言える力を有していると言えるでしょう。

ある程度前目から競馬出来る脚質は中山替わりでプラスになりそうですし、大崩れは考えにくいでしょう。

  • レッドベルディエス

クイーンステークス5着から中5か月で臨んだ織姫賞では中団から良い伸び脚を見せ2勝目をあげた本馬ですが、そこから約中2か月で重賞に初挑戦することとなりました。

これまで1800mまでしか走っていない点はやや不安ですが、十分馬券圏内を目指せる力はあると言えるでしょう。

  • フェアリーポルカ

前走のオークスでは流石に距離が長かったか16着に大敗した本馬ですが、それまでの4戦は1800mまたは2000m戦で堅実に走って2勝をあげています。

中山コースは初めてになるもののフローラステークスとオークスで関東圏への輸送を経験していますし、8分以上の出来で望めれば堅実に走って3着を狙えるでしょう。

  • グラディーヴァ

ここまで4戦2勝という成績を残している本馬ですが、前走の白百合ステークスでは1番人気ながら6着に敗れています。

休養明けでどれだけの成長を見せたかにもよりますが、リステッドで通用しなかった本馬が重賞で勝ち負けするとも思えず、ここは見送りで良いでしょう。

  • パッシングスルー

新馬勝ち後は2度重賞で4着に入り、古馬との初対戦になった前走の自己条件戦では断然人気に応えて2着馬に0.5秒差をつける圧勝劇で2勝目をあげました。

稍重の福島芝2000mで2分0秒9という時計も優秀ですし、コース形態の似ている中山コースであれば同じようなパフォーマンスを重賞の舞台で見せても不思議ではありません。

《注目の穴馬》

  • メイクハッピー

カレンブーケドールと南関東からの転入馬トーセンガーネットを除く登録馬は1勝馬か2勝馬に過ぎない中、ダートとは言え古馬相手の2勝クラスを勝っている本馬の地力はこの中では上位と言えるでしょう。

比較的低調と言えるメンバー構成の中、人気しないようなら一発を期待してみても良いでしょう。

《予想》

◎ カレンブーケドール

○ パッシングスルー

▲ メイクハッピー

☆ レッドベルディエス

△ フェアリーポルカ

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、△、△ 計5頭 

1 個のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。