【東京ジャンプステークス2019予想/出走予定馬分析】東京コース巧者のアノ馬が鉄板!穴で狙うなら長期休養明けのアノ馬!

今週の土曜東京8Rで障害の重賞東京ジャンプステークスが行われます。

障害界の絶対王者オジュウチョウサンの今秋の平地挑戦が発表されましたが、次世代の障害界を担う馬は出てくるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • シンキングダンサー

前走の中山グランドジャンプではオジュウチョウサンに真っ向勝負を挑み2着となり、本命不在の現障害界ではトップクラスといえる一頭でしょう。

一昨年の同レースの覇者であり東京コースは得意としていることから、この相手関係なら本命視して問題ないでしょう。

  • マイネルプロンプト

前走の中山グランドジャンプでは勝ち負けには加われずも3着を確保したこの馬も、現障害界では上位の力を持つ一頭と言えるでしょう。

東京コースは初めてとなりますが、ここ7戦連続馬券圏内に入っている安定感は馬券購入の上では信頼出来るでしょう。

  • シングンマイケル

これが障害重賞初挑戦となる本馬ですが、障害オープン馬となってからは8戦連続掲示版に入っており、ここ5戦に限ると2勝してすべて馬券圏内に入っています。

平地以上に鞍上との意思疎通が必要とされる障害レースにおいて主戦の金子騎手を起用出来ないのは不安視されますが、オジュウチョウサンの主戦石神騎手が騎乗するのならむしろ鞍上強化と捉えて評価を上げることも一考でしょう。

  • ハルキストン

3歳6月と早い時期に障害転向した本馬ですが、そこから1年足らずで13戦して4勝をあげています。

重賞は障害未勝利勝ち直後の阪神ジャンプステークス以来となりますが、4歳とまだ若く伸びしろはあると見て、上位二頭に割って入ることも考えられます。

  • ラピッドシップ

前走の中山グランドジャンプではマイネルプロンプトにクビ差の4着と健闘した本馬ですが、まだ障害オープン入り後は馬券圏内に入っていません。

5歳馬でありまだ成長の余地はあると思われますが、今回上位争いするにはまだ足りないと思われます。

《注目の穴馬》

  • マイネルピクトル

脚部不安のために1年超の長期休養を余儀なくされた本馬ですが、障害オープンで3勝の実績はこのメンバー中では評価して良いでしょう。

久々のレースで多くは望めませんが、3着なら来ても不思議ではありません。

《予想》

◎ シンキングダンサー

○ マイネルプロンプト

▲ ハルキストン

☆ シングンマイケル

△ マイネルピクトル

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭 

17 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。