【札幌2歳ステークス2019予想/出走予定馬分析】本命は前走同舞台でレコード勝ちのアノ馬で決まり!上位3頭が抜けた印象もヒモ荒れを狙うならこの2頭!

今週の土曜札幌11Rは2歳馬の重賞である札幌2歳ステークスが行われます。
かつての勝ち馬には後のダービー馬もいるレースですし、クラシック戦線を賑わすことになる馬はどの馬となるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • ゴルコンダ

新馬戦こそワーケアのキレに屈した本馬ですが、2戦目となった前走は札幌芝1800mの2歳レコードとなる時計を出して大差勝ちを果たしました。

逃げて上がり3ハロン最速の脚を繰り出すという完璧なレース振りは重賞でも十分通用すると見て、このメンバーであれば頭固定でも良いでしょう。

  • サトノゴールド

新馬戦では函館芝1800mを2番手から抜け出して難なく勝利を収めた本馬ですが、少頭数の新馬戦ということもありあまり目立つ時計ではありませんでした。

父ゴールドシップ産駒は洋芝で力を発揮するタイプであるとは思われますが、ゴルコンダを下すまでは厳しいと見て、父と同様2着に入るかどうかといったところでしょう。

  • ダーリントンホール

こちらも函館芝1800mで新馬戦となりましたが、中団から捲っていき上がり3ハロン最速の脚を繰り出して勝利を収めています。

単純比較は出来ないとはいえサトノゴールドより4秒以上速い時計を出していますし、ゴルコンダにより迫れるのはこちらになるのではないでしょうか。

《注目の穴馬》

  • コスモインペリウム

デビューから3か月弱で既に4戦を消化しており大きな上積みこそ望めないでしょうが、一貫して芝1800mを使っていて東京、福島、札幌と経験を積んでいるのは魅力とも言えます。

鞍上の丹内騎手も北海道開催で調子を上げている印象ですし、サトノゴールドが速い展開に対応出来ないとすれば浮上してくる存在だと言えそうです。

  • ディアセオリー

新馬戦は福島芝1800mでしたが、この時期の中距離戦には珍しく16頭立てとなり、一番人気に応えて新馬勝ちを果たしています。

多頭数でうまく立ち回った経験はここでもプラスに働くでしょうし、好位から進めることが出来れば3着に粘りこんでも不思議ではありません。

《予想》

◎ ゴルコンダ
○ ダーリントンホール
▲ サトノゴールド
△ コスモインペリウム
△ ディアセオリー

《買い目》

三連単フォーメーション 計6点
1着 ◎ 計1頭
2着 ○、▲ 計2頭
3着 ○、▲、△、△ 計4頭 

2 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。