【札幌記念2019予想/出走予定馬分析】G1馬4頭が激突する豪華なG2を制するのはアノG1未勝利馬!?穴で狙うなら過去にこのレースを制したアノ馬!

今週の日曜札幌11RではG2札幌記念が行われます。

俗にスーパーG2とも称されるこの豪華なメンバーの中で一番に決勝線に到達する馬はどの馬になるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • フィエールマン

昨年の菊花賞と今年の天皇賞春を制した本馬ですが、もともと菊花賞前は距離を不安視されていたようにこの馬のベストの距離は2000m前後だと考えていて良いでしょう。

6戦して4勝2着2回というパーフェクト連対の実績、休み明けでも常に結果を出してきていることを考えるととても馬券から切ることは出来ませんが、凱旋門賞を見据えた仕上げで来ているとすればそこに不安点を見出すこともできるでしょうか。

  • ワグネリアン

昨年のダービーを制したG1馬ですが、本年初戦となった大阪杯では3着とやや実績を考えると不満な結果になっています。

極端に逃げを主張する馬はいないためペースは落ち着くかもしれませんが、これまで時計を問われるような展開を経験していないため、もしかすると脆く崩れる可能性もあるでしょう。

  • ブラストワンピース

昨年の有馬記念を制したG1馬ですが、今年は大阪杯、目黒記念と1番人気を裏切る結果が続いています。

とはいえ本馬も凱旋門賞を見据えているほどの馬であることは事実ですし、ハービンジャー産駒で洋芝は向きそうですから無様なレースはしないと見てよいでしょう。

  • サングレーザー

昨年のこのレースの覇者ですが、それ以降は天皇賞秋の2着はあるものの思うような結果は残せていません。

しかし昨年も安田記念5着から巻き返してこのレースを勝っていますし、同じローテーションで臨める今回、相手は強化されるものの仕上げの差で連覇しても不思議ではありません。

  • ステイフーリッシュ

G1では結果を残せていない本馬ですが、G2、G3であればここ5戦して2着2回3着3回と堅実に結果を残しています。

今回のメンバーはG1レベルですのでなかなか厳しいかもしれませんが、ステイゴールド産駒でこの舞台に適性はありそうですし、ヒモには入れても良いでしょう。

《注目の穴馬》

  • サクラアンプルール

一昨年のこのレースの覇者ですが、それ以降勝ち星はありません。

それでも多くのレースで人気以上の着順に入ってしっかり賞金を咥えており、ここ1年半は勝ち馬に1.0秒超離されることもなく堅実に走ることが出来ています。

勝つまではどうかも、かつての覇者として激走してもおかしくはないでしょう。

《予想》

◎ サングレーザー

○ ブラストワンピース

▲ フィエールマン

☆ サクラアンプルール

△ ステイフーリッシュ

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭 

8 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。