【新潟ジャンプステークス2019予想/出走予定馬分析】アノ障害重賞初挑戦馬の戴冠なるか!?穴で狙うなら新潟コースでオープン勝ち経験のあるアノ馬!

今週の土曜新潟8Rは障害重賞の新潟ジャンプステークスが行われます。

障害重賞勝ち馬は1頭のみの参戦となりますが、底を見せていない活きのいい馬もおり新星の誕生も期待出来るでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • メドウラーク

昨年の七夕賞で平地重賞勝ちを果たした本馬ですが、今年に入って障害入りすると4戦して2勝と結果を残しています。

平地でも重賞を勝ったそのスピードは障害の難易度の低い新潟コースでこそより発揮出来ると思われ、ここで平地・障害の重賞馬となることも十分考えられるでしょう。

  • コウユーヌレエフ

平地では九州産馬限定戦で3勝した実績を持つ本馬ですが、昨年秋に入障すると6戦3勝とセンスのあるところを見せこれが重賞初挑戦となります。

平地力ではメドウラークには劣るでしょうが、今年の障害リーディングトップを快走する森一馬騎手が継続騎乗する点はプラスで十分勝機はあると言えるでしょう。

  • マイブルーヘブン

新潟コースでは入障初戦こそ敗れるも、それ以降は勝ち続けて通算4戦3勝と抜群の舞台適性を見せています。

主戦の難波騎手の負傷療養で乗り替わりとなるのは決してプラスではないでしょうが、まだ5歳馬と障害界では若手ですし馬の勢いでカバー可能でしょうか。

  • シゲルヒノクニ

前走の京都ハイジャンプでは人気薄ながら重賞初制覇を飾り、今回の登録馬では唯一の障害重賞勝ち馬となっています。

ただ平地では未勝利馬でしたし、入障後の戦績からも新潟コースでは少しパフォーマンスを落とす印象ですので信頼度は低いでしょうか。

  • トーヨーピース

新潟コースでは同距離のオープン勝ちを含め4戦2勝と結果を残しています。

例年のこのレースの勝ち時計と比較するとオープン勝ち時の時計はやや物足りませんが、石神騎手への乗り替わりはプラスと言え、軽視は出来ない存在でしょう。

《注目の穴馬》

  • マイネルピクトル

長期休養明け3戦目となる今回ですが、ここ2戦も大きくは敗れておらず尻上がりにパフォーマンスを上げてきていることが予想されます。

新潟コースでも過去にオープン勝ちがありますし、前走から3㎏減で走ることが出来るのもプラスに働くと思われ、そろそろ激走しても良い頃でしょう。

《予想》

◎ メドウラーク

○ コウユーヌレエフ

▲ マイブルーヘブン

☆ トーヨーピース

△ マイネルピクトル

  • 《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭 

2 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。