【天保山ステークス2019予想/出走予定馬分析】このコースでパーフェクト連対のアノ馬が鉄板!同馬主での1-2フィニッシュも!

今週の土曜阪神11Rは天保山ステークスとなります。

昨年の勝ち馬ウインムートは後に兵庫GT、さきたま杯と地方交流重賞を2勝していますが、地方交流重賞に参戦するための賞金を加算出来るのはどの馬でしょうか。

《出走予定馬分析》

  • ファッショニスタ

全戦績でも14戦して馬券圏外は2走という安定感を誇りますが、このコースでは7戦して5勝2着2回とパーフェクト連対です。

形の上では昇級戦にはなりますが、JBCレディスクラシックでも3着に入っているように格負けすることはないでしょう。

  • ダノンフェイス

オープンを2勝している実績はこの中では上位ですが、長期休養後のここ3戦は勝ち負けに加わることが出来ていません。

比較的メンバーレベルには恵まれた一戦にはなるとはいえ、今回も見送りが妥当でしょう。

  • テーオーへリオス

一年前に北海道スプリングカップを勝って以降は善戦止まりが続いている本馬ですが、ここでは力上位の存在にはなるでしょう。

とはいえ他馬より2㎏背負っての一戦となりますので、紐で抑えるまでになるでしょうか。

  • ヴェンジェンス

前走この舞台でオープン勝ちを決めており、勢い・適性共に注意が必要な一頭です。

1㎏の斤量増への対応が鍵となりますが、ファッショニスタに逆転するならこの馬でしょう。

  • サヴィ

ファッショニスタと同じくゴドルフィンが馬主でダーレー産のストリートセンス産駒となります。

昇級初戦で勝ち負けまではどうかも、ダート1400mでは全5勝をあげており、重・不良馬場で3戦3勝という戦績からも梅雨のこの時期活躍してくれそうな一頭です。

《注目の穴馬》

  • ヌーディーカラー

昇級初戦の前走は2番人気に支持されながら出遅れが響き8着に敗れましたが、前々走はこの舞台でオープン昇級を決めています。

クラス慣れが見込まれる今回、人気を落とすようなら狙いたい一頭でしょう。

《予想》

◎ ファッショニスタ

○ ヴェンジェンス

▲ サヴィ

△ テーオーヘリオス

△ ヌーディーカラー

《買い目》

三連単フォーメーション 計18点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲ 計3頭 3着 ◎、○、▲、△、△ 計5頭

口コミを書く

不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。