【函館2歳ステークス2019予想/出走予定馬分析】世代最初の重賞馬となるのは?ホッカイドウ競馬から参戦するアノ馬が穴!

今週の日曜函館11Rでは、この世代初の2歳馬の重賞である函館2歳ステークスが行われます。

早熟性が問われるレースとなりがちですが、いち早く世代の重賞ウィナーとなる馬はどの馬になるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • レッドヴェイパー

1週スライドして臨むこととなった新馬戦では、1番人気の評価に応えてハナ差制して優勝しました。

同日に行われた3歳未勝利戦より0.5秒早い時計を出しており、その早熟性・完成度は素直にここでも信頼して良いでしょう。

  • タイセイビジョン

デビュー戦では中団から早めに進出を開始し最後は2馬身半差の圧勝を飾っています。

阪神から函館へのコース替わりとなりますが、新馬戦で見せた自在性はここでもプラスに働くと思われ、上位争いに加わってくるでしょう。

  • スマートカーリー

新馬戦では逃げてそのまま押し切り新種牡馬エピファネイア産駒の初勝利をあげました。

すんなり逃げられれば力を発揮出来るでしょうが、入りの3ハロンのペースはレッドヴェイパーのレースのほうが早く、逃げの形に持ち込めなければ惨敗もあるでしょう。

  • ケープコッド

新馬戦ではレッドヴェイパーにハナ差敗れましたが、2戦目では2着馬に0.9秒差をつける圧勝を飾りました。

中1週続きとなる点は気になりますが、舞台適性を考えるとアタマまであるでしょう。

  • ビアンフェ

新馬戦ではクビ差2着に敗れるも、2戦目では逃げの手を打ちハナ差しのいで勝ち上がりました。

この2戦で異なる戦法を経験したのは強みであると言え、馬券圏内に来る力はあるでしょう。

《注目の穴馬》

  • アザワク

夏の北海道開催ではホッカイドウ競馬勢の参戦が見どころの一つですが、このレースにも栄冠賞勝ち馬バブルガムダンサー、バブルガムダンサーに勝っているプリモジョーカー、2戦2勝のアザワクが登録しています。

なかでもアザワクはいずれのレースでも逃げて上がり3ハロン最速と他馬を寄せ付けないレースを続けており、ここでもどれだけやれるか楽しみです。アタマもありうるでしょう。

《予想》

◎ レッドヴェイパー

○ ケープコッド

▲ アザワク

☆ タイセイビジョン

△ ビアンフェ

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭 

2 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。