【ユニコーンステークス2019予想/出走予定馬分析】ハイレベル3歳ダート戦線を制するのはアノ馬!上位馬拮抗もヒモ荒れで狙うならアノ伏兵!

今週の日曜東京11Rはユニコーンステークスとなります。

ハイレベルと評されるこの世代のダート界を制し、古馬勢に挑んでいく馬はどの馬になるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • デュープロセス

新馬戦の2着後は4連勝と既にこの世代のダート界でトップクラスのパフォーマンスを見せていますが、前走は今回と同じ東京ダートマイル戦である青竜ステークスを制しています。

その時クビ差下したデアフルーグとはまだ勝負付けは済んでいないとは思われるものの、当然ここでも勝ち負けすることが予想されます。

  • デアフルーグ

前走はデュープロセスにクビ差敗れるも、それまでは3戦3勝と世代上位の力があることに疑いはないでしょう。

前走は出遅れるも上がり最速の脚でクビ差まで迫っており、五分以上にスタートが切れれば逆転も可能でしょう。

  • ワイドファラオ

G2のニュージーランドトロフィーを制した馬ですが、6戦目にして初めてのダート戦となります。

父ヘニーヒューズはダート血統でG1馬モーニンを輩出しているようにこの馬もダートは向くでしょうが、初戦からこの相手で57㎏を背負って走るとなると分が悪いでしょう。

とは言え、芝部分を長く走れる外枠に入って先手を取れるようなら砂を被ることなく走ることも可能でしょうし、一発の魅力はある馬とも言えます。

  • ヴァイトブリック

4戦して2勝2着2回とパーフェクト連対している馬ですが、前走敗れているクリソベリルやデュープロセス、デアフルーグらと比較すると一枚力は落ちる印象です。

前走の馬体減からの回復度にもよりますが、メンバーレベルを考えると3着も厳しいと考えてよいかもしれません。

  • ノーヴァレンダ

全日本2歳優駿を制した馬ですが、伏竜ステークスでは1㎏の斤量差があったとは言えデアフルーグに1.4秒の差をつけられて負けています。

重馬場で走った2戦は共に優勝していますので馬場次第では台頭もあるでしょうが、上位2頭との力量差は明らかでヒモまででしょう。

《注目の穴馬》

  • ニューモニュメント

前走は青竜ステークスでデュープロセス、デアフルーグと0.3秒差の3着に入っており、コース経験も有利に働くでしょう。

今回は上位人気馬が抜けた力を持っていると思われ勝ち負けまではどうかも、前半が速くなって上位陣の一角が崩れるようなら、この馬の末脚で3着までなら入ることは可能でしょう。

《予想》

◎ デアフルーグ

○ デュープロセス

▲ ワイドファラオ

☆ ニューモニュメント

△ ノーヴァレンダ

《買い目》

三連単フォーメーション 計18点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲ 計3頭

3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭

4 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。