【フェニックス賞2019予想/出走予定馬分析】本命は距離短縮で良さが出そうなアノ馬!穴馬で狙うならダート未勝利勝ちから参戦のアノ馬!

今週の土曜小倉9Rは2歳オープン競走のフェニックス賞が行われます。
かつてこのレースを5連覇した福永騎手に騎乗予定馬がいないのは残念ですが、小倉2歳ステークスへの最重要ステップレースを制する馬はどの馬になるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • ダンツウィザード

中京の芝1200m戦でデビュー勝ちした本馬ですが、重馬場を逃げて上がりもまとめたレース振りは圧巻でした。

ただし父マジェスティックウォリアーですし力のいる馬場が合ったという見方もでき、馬場回復が見込める小倉の芝ではキレ負けする可能性もあるでしょう。

  • マイネルグリット

中京の芝マイル戦で好位差しを決めてデビュー勝ちした本馬ですが、2戦目となる今回は距離短縮して芝の1200m戦を使うことになりました。

母のマイネショコラーデは函館2歳ステークスで2着と短距離向きの早熟馬でしたし、2ハロン短縮することでさらにパフォーマンスが上がることも十分考えられます。

  • カリニート

新馬戦では今回と同じ小倉芝1200m戦で2着馬との一騎討ちを繰り広げてクビ差凌ぎましたが、時計面ではやや物足りなさもあります。

レース振りからも中1週で大きな上積みが見込めるとは思えず、過剰な評価は禁物でしょう。

  • ホープホワイト

新馬戦は福島芝1200mで2番手から上がり3ハロン最速の脚を繰り出し勝ち上がりを決めた本馬ですが、中4週明けて今回のレースに臨むことになりました。

早熟性の強いヨハネスブルク産駒ですし、ここをメイチで仕上げてくるようなら勝ち負けに加わってくることもあるかもしれません。

  • ヒメサマ

今回と同舞台の未勝利戦で勝ち上がってきた本馬ですが、1分9秒2という時計は十分勝ち負けを意識できるものだと思われます。

ただし3㎏減の減量騎手を起用してのものであり、一気に3㎏負担重量が増えるのはガサのない牝馬には酷と思われ、ここでは見送りが妥当でしょう。

《注目の穴馬》

  • デンコウリジエール

デビュー戦は芝を使ってシンガリ人気のブービーと全く結果の出なかった本馬ですが、ダートを使った前走は出遅れながらも好位につけて上がり3ハロン最速の脚を繰り出し勝ち上がりました。

デビュー戦でも出遅れながら上がりの脚は最速でしたし、無難にゲートを出ることが出来ればこの相手なら芝でも見直してよい存在だと言えるでしょう。

《予想》

◎ マイネルグリット

○ ホープホワイト

▲ デンコウリジエール

☆ ダンツウィザード

△ カリニート

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭 3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭

2 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。