【テレQ杯2019予想/出走予定馬分析】前走レコード勝ちのアノ馬が鉄板!?穴で狙うなら距離短縮がプラスに働きそうなアノ馬!

今週の土曜小倉11Rでは、3勝クラスのダート短距離戦であるテレQ杯が行われます。

ダート1000mという中央の古馬のレースではあまり組まれない特殊な条件で、スピードをいかんなく発揮する馬はどの馬になるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • モンペルデュ

前走は2勝クラスのレースながら逃げて中京ダート1200mのレコードを更新したように、そのスピードは既にオープン馬レベルにあると言えるでしょう。

今回は前に行きたい馬が多く、さらに距離が短くなって先行争いが激化するでしょうが、3勝クラスは通過点と言えるでしょう。

  • ヘルディン

前走は今回と同じ舞台で逃げて圧勝したように、この条件は力を出せると言えるでしょう。

ここにきて二連勝と本格化してきた感もありますし、逃げの形に持ち込めればモンペルデュを負かしてもおかしくはないでしょう。

  • メイショウサチシオ

再昇級初戦となりますが、以前このクラスを走っていたときは最高7着とややクラスの壁を感じる結果となっていました。

再昇級までに5戦を要したように下のクラスでも抜けた力があったわけでもないため、今回は見送りが妥当でしょう。

  • メイショウアリソン

前走このクラスで3着と目途をつけるレースができた本馬ですが、そのレースがそうであったように番手から中団で競馬できるのは今回プラスに働きそうです。

ただ逃げ馬がそう簡単に垂れるとも思えず、頭までは難しいでしょうか。

  • タガノアム

こちらも前走3着とクラスの目途を立てることができましたが、この馬の持つ強力な差し脚は先行争い激化が予想される今回活きる展開も考えられます。

とはいえ1000m戦ですしそう簡単に差し届くかと言われるとヒモに入れるまででしょうか。

《注目の穴馬》

  • サザンヴィグラス

かつてはホッカイドウ競馬で地方重賞を制したこともある本馬ですが、今年に入って中央転入して5戦を消化し前々走では2着に入っています。

地方馬時代は中距離をメインに使われていましたが、サウスヴィグラス産駒ですし本質的には短距離でこそと思われ、この距離で見直ししても良いでしょう。

《予想》

◎ モンペルデュ

○ ヘルディン

▲ サザンヴィグラス

☆ メイショウアリソン

△ タガノアム

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭 

2 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。