【セントライト記念2019予想/出走予定馬分析】本命は重賞実績のあるアノ馬!穴馬で狙うならリフレッシュ効果に期待のアノ馬!

今週の月曜中山11RはG2セントライト記念が行われます。

菊花賞のステップレースとしてはそこまで本番につながっていないものの、後の中長距離戦線を占う意味では重要なレースですし要注目です。

《出走予定馬分析》

  • ニシノデイジー

春のクラシック戦線では思うような結果は得られなかったものの、2歳時の重賞2勝はこのメンバーでは実績最上位ですし、ダービーでも5着とまだ見限ってよい馬ではありません。
中山コースを得意とするハービンジャー産駒ですし、ここで勝って再び世代のトップ争いに参戦することも可能でしょう。

  • リオンリオン

青葉賞を逃げ切り勝ちした本馬ですが、続く日本ダービーでは大逃げを打つも捕まって惨敗しています。
とは言え先週の中山開幕週では京成杯オータムハンデで逃げたトロワゼトワルが芝マイルの日本レコードで勝つなど前が止まらない馬場ですし、その馬場を読み切った横山典弘騎手に手が戻るのもプラスでしょうから勝ち負け必至と言えるでしょう。

  • ランフォザローゼス

京成杯と青葉賞で2着に入り、ダービーでも7着と世代上位の力を持つ本馬ですが、前走の札幌記念では古馬の厚い壁に阻まれ最下位に敗れています。
そこから中3週でどれだけ立て直し状態を上向けられたかにもよりますが、流石に前走の大敗は気になりますし明らかに馬っぷりがよくなっていない限りは見送りが妥当でしょう。

  • ザダル

いつもあまり人気がないものの3戦3勝と底を見せていない本馬ですが、今回も初重賞ですし恐らく極端に人気することはないと思われます。
ただ中山実績もありますし、連勝中の馬を軽視するのは危険とみて頭まであると考えたほうが安全でしょう。

  • オセアグレイト

未勝利を脱するのに6戦を要した本馬ですが、そこから1勝クラスと2勝クラスの特別戦を連勝して夏の上がり馬と化しました。
芝の2200mはこの馬にはやや短いかもしれませんが、菊花賞に出てくれば面白い存在になりそうですし野中騎手とともに権利取りを目指す戦いになるでしょう。

《注目の穴馬》

  • ナイママ

2歳夏以降は思うような結果こそ得られていないものの、3歳に入って5か月で6走を消化し大崩れはなく奮闘していました。
休みなく世代の一線級を相手に経験値を積んできた中、ダービー後はリフレッシュ期間を設けられたので、その効果に期待して紐に入れてみても面白いかもしれません。

《予想》

◎ リオンリオン

○ ニシノデイジー

▲ ザダル

☆ オセアグレイト

△ ナイママ

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭 

6 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。