【セントウルステークス2019予想/出走予定馬分析】本命は軽斤+適条件で浮上しそうなアノ馬!穴で狙うならサマースプリントシリーズ覇者を目指すアノ馬!

今週の日曜阪神11RはG2セントウルステークスが行われます。

昨年の勝ち馬ファインニードルは続くスプリンターズステークスを制したように秋の短距離G1戦に向けての最重要ステップレースとなりますが、短距離界の新星は現れるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • タワーオブロンドン

今年の京王杯スプリングカップで重賞3勝目をあげた本馬ですが、サマースプリントシリーズでは函館スプリントステークス3着、キーンランドカップ2着と勝ち切れていません。

ここ2戦上がり3ハロン最速の脚を繰り出しながら差し届かないレースが続いていますし、絶対的な1着候補とするには少し信頼度は落ちるでしょうか。

  • ミスターメロディ

春の短距離G1高松宮記念を制した本馬ですが、それ以来の実戦であること、58㎏の斤量を考えるといかにもここはスプリンターズステークスに向けての叩きの位置付けになることが予想されます。

もちろんG1馬ですから無様なレースはしないと思われますし、ある程度前目のポジションを確保出来れば地力で馬券圏内には入ってくるでしょう。

  • アンヴァル

昨年のセントウルステークス以降は6戦して全て掲示板に入っており、充実期に入っている4歳牝馬だと言えるでしょう。

ただ重賞ではこれまで3着が最高ですし、G1馬や重賞複数勝利馬を相手に勝ち切るまでにはいかないと思われ、アタマからは外してよいでしょう。

  • ダイメイプリンセス

前走の北九州記念で重賞2勝目をあげた本馬ですが、前々走以前はしばらく不振に陥っていました。

一発の魅力はあるだけに簡単に馬券から外すのは難しいですが、続けて好走することはないと見て今回は見送りで良いでしょう。

  • イベリス

アーリントンカップで重賞を制している本馬ですが、父ロードカナロア、半姉ベルカントといった血統背景からもマイルよりさらに短い距離で活躍することが望めそうです。

阪神芝1200mでも勝利した経験がありますし、3歳牝馬の52㎏という斤量はこの馬にとって裸同然とも言え、並み居る実績馬を下して短距離界の新星となり得る存在でしょう。

《注目の穴馬》

  • カイザーメランジェ

サマースプリントシリーズ初戦の函館スプリントステークスを制した本馬ですが、その後新潟でアイビスサマーダッシュ、札幌でキーンランドカップを使って最終戦の本レースに登録してきました。

既に今年に入って8戦走っており上がり目は望めませんが、どの陣営よりもサマースプリントシリーズに懸ける思いは強いと思われ、激走を見せる可能性も捨てきれません。

《予想》

◎ イベリス

○ ミスターメロディ

▲ タワーオブロンドン

☆ アンヴァル

△ カイザーメランジェ

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、△、△ 計5頭 

7 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。