【スプリンターズステークス2019予想/出走予定馬分析】本命は距離延長で巻き返しを期すアノ馬!穴馬で狙うなら末脚堅実なアノ馬!

今週の日曜中山11Rは秋の短距離G1であるスプリンターズステークスが行われます。

春の短距離G1高松宮記念を今年制したミスターメロディ、サマースプリントシリーズ覇者のタワーオブロンドンなどが出走を予定しており、現時点の短距離界の頂点を決するにふさわしいメンバー構成だと思われます。

《出走予定馬分析》

  • ダノンスマッシュ

高松宮記念では1番人気ながら4着に敗れた本馬ですが、仕切り直しの一戦となった前走のキーンランドカップではタワーオブロンドンを退けて見事優勝を果たしました。
初の中山コースにはなりますが、馬の地力はこのメンバーでトップと言ってよいでしょうし、当然勝ち負けしてくれるでしょう。

  • タワーオブロンドン

前走のセントウルステークスでは2着馬に0.5秒差をつける圧勝を飾った本馬ですが、中1週で使ってからの中2週でG1というローテーションはややタフであると言えそうです。
それでも馬の地力はダノンスマッシュに次ぐところにはいると見ていますし、枠順や当日の状態次第では逆転可能でしょう。

  • モズスーパーフレア

高松宮記念ではハナを切る積極策を打つも垂れて15着惨敗となった本馬ですが、休み明け初戦となった前走の北九州記念でも4着とやや物足りない結果になりました。
それでも中山芝1200mではG3オーシャンステークス勝ちを含む3-1-0-0とパーフェクト連対ですし、勝つまではどうかも馬券的に無視することは出来ないです。

  • ミスターメロディ

今年の高松宮記念覇者ですが、休み明けの前走セントウルステークスでは8着と凡走してしまうことになりました。
ただ同じく5か月以上の間隔が開いた昨年秋もオーロカップの5着から次走阪神カップで2着に巻き返していますし、叩いた上積みは大きいとみて勝ち負けに加わってくるでしょう。

  • ディアンドル

7戦して5-2-0-0のパーフェクト連対を誇る本馬ですが、中山芝1200mでも2戦2勝と舞台適性はありそうに思えます。
ただ初めての古馬相手となった前走の北九州記念では出遅れたとはいえやや力負けの感もありますし、際立つ持ち時計もないですからここは見送りで良いでしょう。

《注目の穴馬》

  • リナーテ

5歳牝馬にしてこれが初のG1挑戦となりますが、4歳時に4勝してオープン入りし、今年に入って重賞で2度の2着とオープン勝ちを果たしており、まさに今がこの馬の最盛期と言えそうです。
前走のキーンランドカップでもダノンスマッシュに0.1秒差でしたし、G1でも十分勝負できるだけの力はつけていると言ってよいでしょう。

《予想》

◎ ダノンスマッシュ

○ タワーオブロンドン

▲ ミスターメロディ

☆ モズスーパーフレア

△ リナーテ

《買い目》

三連単フォーメーション 計27点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲、☆ 計4頭

3着 ◎、○、▲、☆、△ 計5頭

【PR】全額保証制度付きだから安心して利用できる、競馬予想サイト

15 件のコメント

  • Heya i am for the first time here. I came across
    this board and I find It truly useful & it helped me out a lot.

    I hope to give something back and help others like you helped me.

    My blog post – petzl headlamp

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。