【ジューンステークス2019予想/出走予定馬分析】長期休養明けのアノ馬の取捨は?左回りで高パフォーマンスのアノ馬が穴!

今週の土曜東京11Rはジューンステークスとなります。

ここを勝ってオープン入りを果たし、サマー2000戦線を沸かす馬は出てくるでしょうか。

《出走予定馬分析》

  • サトノソルタス

3戦1勝の戦績ながら共同通信杯2着で収得賞金を重ねて3勝クラスに所属しています。

1年1か月ぶりの実戦は割引が必要も、ここまでの全3戦は東京コースで走っており重賞2着があることからも適性は信頼でき、この相手関係なら本命視しても良いでしょう。

  • ジナンボー

母は2010年の牝馬3冠馬のアパパネという超良血馬ですが、順調に使うことが出来ず思うほどの活躍は出来ていません。

前走は高速馬場が味方しなかったかシンギュラリティ、スパイラルダイブにも先着されており、当日の馬場コンディションにもよりますが時計勝負になりそうなら切っても良いでしょう。

  • シンギュラリティ

現級に昇級後の2戦も共に2着と安定した力を発揮出来ており、どのコースで走っても崩れず高パフォーマンスを発揮しています。

決して馬場悪化は歓迎というタイプではないもののそれでもそう差のない競馬はこれまで出来ており、今回も馬券圏内には入ってくるでしょう。

  • スパイラルダイブ

2連勝の勢いをもって臨んだ前走は4着に敗れましたが、勝ち馬と0.2秒差と差のない競馬は出来ておりこのクラスで通用する目途はつけられていると思います。

ガサのないタイプで先週の馬場なら苦戦も予想されますが、本格化しつつある今なら崩れず走ってくれそうです。

  • ジークカイザー

3か月で4戦使ったのち4か月半ぶりとなった前走は1番人気を裏切り8着に敗れましたが、使った上積みは見込めると思われます。

母ヒルダズパッション、半弟ヨシダがG1馬という素質ある血統ですし、ここでの巻き返しは十分考えられます。

《注目の穴馬》

  • ヒストリア

前走は牝馬限定戦を勝ってこのレースが再昇級戦となりますが、ここ最近は一貫して左回りコースを使われてきています。

差しも決まる馬場になってきていますし、この馬の末脚がはまれば十分馬券圏内には入ってくるでしょう。

《予想》

◎ サトノソルタス

○ シンギュラリティ

▲ ヒストリア

△ ジークカイザー

△ スパイラルダイブ

《買い目》

三連単フォーメーション 計18点

1着 ◎、○、▲ 計3頭

2着 ◎、○、▲ 計3頭

3着 ◎、○、▲、△、△ 計5頭 

8 件のコメント

  • 口コミを書く

    不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

    アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。